2月9日はフクギの日~普及啓発取り組み~

フクギについて

フクギは、古くから建築資材や沖縄の伝統織物である紅型の染料にも用いられるほか、近年では、街路や公園等の緑化木としても植栽されています。

 また、自然災害に強い性質を持っており、防潮、防風、防暑、防寒、防火等の機能に優れていることなどから、屋敷や集落を守る包護(ボーグ)として広く植えられてきました。しかし、近年の生活様式や生活環境の変化、開発や都市化の進展等により少なくなってきてます。

 このようなことから、平成26年度、沖縄県全島緑化県民運動推進会議において、フクギの多面的機能を評価し、フクギの福に因み、2月9日を「フクギの日」と定め、フクギの重要性を広くPRするとともに、フクギ林の保全、再生、創出に向けた取り組みを積極的に推進していくことが決められました。

 

 

県の取り組み

フクギの日デジタルフォトコンテスト kaden_camera_ichigan

県民に写真を通して、「フクギ」と親しむ機会を提供することによりフクギについて再認識してもらい、関心を深めてもらうことを目的に実施しています。

・平成28年度結果

fu-chan一般部門結果

fu-chanこども部門

 

 

『福を呼ぶフクギの日』染め物体験エコバッグ作り bag

フクギの樹皮からは紅型にかかせない黄色の染料がとれます。このことを利用し、県では、フクギに親しみ、理解を深めてもらえるよう、フクギの染料を使用したマイバッグ染め物体験を、平成26年度よりフクギの日に合わせて実施しております。

 平成28年度は平成29年2月11日(土)に、午前、午後の2回に分けて那覇市緑化センターにて行いました。たくさんの方にご参加いただき、好評となりました。

  simple_leaf6 染め物講師: 藍染なみかわ 代表 並河 義知

  simple_leaf6 フクギのおはなし講師: 福木ひろめる会 会長 照屋 寬孝

 

IMG_3236 IMG_3319 IMG_4505

 

 

 市町村の取り組み

 フクギを市町村木に指定している市町村が8市町村あります。各市町村においてもフクギに関連する取組みが実施されております。これまで、実施された取組みについて紹介します。

 *フクギ指定市町村*

  本部町、恩納村、読谷村、那覇市、粟国村、渡名喜村、多良間村、久米島町

 

 

本部町

◯フクギの里宣言(平成26年度)

  本部町では、フクギ林の保全、再生、創出に向けた取組みを町民挙げて積極的に推進するとともに、沖縄らしい美しい景観と快適な居住空間を醸し出すフクギの里として「フクギの里宣言」が行われました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

◯平成28年10月には、備瀬区馬場において、フクギの里宣言記念碑が建てられ、除幕式が行われました。

◯備瀬区公民館では、2月9日(フクギの日)にイベントを開催し、フクギの苗木の配布も行われました。

 

 

恩納村

 ◯フクギ植樹祭(平成28年度)

  農地防風林ならびに景観の形成をおこなうため、フクギの日に合わせ、恩納村農振協とタイアップし、土地改良区の用水路沿いに村木であるフクギを植樹しました。

 

onnason onnason2

 

 

那覇市

◯フクギまつり(平成28年度) 平成29年2月9日(木)~12日(日)10:00~17:00

  那覇市では、那覇市緑化センター及び隣接広場において、「福を呼ぶフクギまつり(園芸・植木市)」が開催されました。入場無料で、園芸相談、フクギ苗の無料配布、展示即売等が実施されました。

 また、「フクギまつり」に先立ち、1月24日(火)~2月7日(火)に、事前周知を兼ねて、市役所本庁1階C展示室にて展示も行われ、開南小学校児童の参加見学会や、沖縄県緑化推進委員会那覇支部長(市長)から児童代表へのフクギ苗の贈呈式も開催されました。

 

IMG_0851 IMG_0847

 

 

 

渡名喜村

 ◯ふくぎのフーちゃん

  渡名喜村では、平成27年度に村の観光PRのため、村木であるフクギにちなみ、村のオリジナルキャラクターとして「ふくぎのフーちゃん」が考案され、お披露目されました。

 フーちゃんは、村の行事、島外イベントやフクギのPRなどの場に登場し、島をアピールしております。

 

フーちゃん(渡名喜村キャラクター)

☆ふくぎのフーちゃん・・・300年渡名喜島の家々見守ってきたふくぎの樹の妖精

 

 

 

掲載日:2017/05/25(木)