普天間高校のパンノキ

普天間高校のパンノキ

現在普天間高校がある場所には、戦前、農事試験場があり多くの樹木が県内外から導入された。それから、試験場の移設の後、その跡地には普天間高校が設立されることになる。導入された樹木はそのまま普天間高校に引き継がれることになり、現在も他の導入樹木とともに高校敷地内にあり、生育は極めて良い。
校内に導入樹木がいくつか残る中で、一際大きいパンノキであり、ふたてに分かれた太い幹が空に向かって伸びる様は、まさに校内の大黒柱である。多くの在校生、卒業生の記憶に残る思い出の木としての存在感をもっている。
県内では、数少ない導入樹木の老木として普及啓発していきたい。

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号090
認定年度平成19年度
樹種パンノキ
樹高11m
幹周3.3m
推定樹齢100年以上
所在地宜野湾市普天間1-24-1
緯度・経度26.2915066_127.778275
所有者沖縄県
その他