大東神社のビロウ群落

大東神社のビロウ群落

大東神社のビロウ群落は、南大東島がまだ無人島であった頃からそびえ立つ大群落である。大東諸島は1900年から八丈島の開拓団により開拓が始まった。八丈島からの移住者は民間信仰の根強い島であったことから、住民の信仰心は厚く、開拓着手後まもなく神社が建てられた。この大東神社は大神宮とも呼ばれ、参拝者も多い。毎年9月には例祭日として神輿(かみおこし)、山車(だし)、仮装行列、相撲、演劇などの奉納行事が行われ、村の最大行事である。

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号100
認定年度平成19年度
樹種ビロウ
樹高9m
幹周0.7m
推定樹齢87年
所在地南大東村池之沢234
緯度・経度25.8424466_131.226518
所有者南大東村
その他