中野のビロウ林 ( Nakano no Biro Hayashi/Nakano’s Forest of L. Chinensis)

中野のビロウ林 ( Nakano no Biro Hayashi/Nakano’s Forest of L. Chinensis)

南大東島と同じく、北大東島も八丈島の開拓団により開拓(北大東島は1903年に開拓着手)されたが、無人島時代から生育している天然のビロウ群落で、推定樹齢は200年とされている。
ダイトウビロウは沖縄本島のビロウより樹高が高く、開拓時代は良質の建材として村外に移出されていた。中野のビロウ林は当時はまだ小さく、建材として利用できなかったため、伐採をまぬがれて現在に至っている。樹形はそれぞれ通直にそろい、見事な美林を形成している。
北大東村では当群落を昭和51年に村の天然記念物に指定し、大切に保護管理している。

 

 

 

 

 

Like Minamidaito Island, Kitadaito Island was pioneered by a team from Hachijo Island in 1903. The biro (Chinese fan palm) trees were growing in colony since Kitadaito was a deserted island, and so are estimated at over 200 years of age.

Daito biro trees grow higher than biro on Okinawa Island, which were transferred as fine building material from the village in pioneer days, in contrast to the biro forest at Nakano which escaped being cut down and still remains today as it was too small at that time to be used as building material. Each tree grows straight making for a beautiful forest.

Kitadaito Village designated this colony a natural monument in 1976 and they are working on careful protection and management.

 

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号101
認定年度平成19年度
樹種ビロウ
樹高8~12m
幹周0.7~0.8m
推定樹齢200年
所在地北大東村字中野
緯度・経度25.9439561_131.299747
所有者北大東村
その他■村指定天然記念物■