ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツ

科名サボテン科
属名ヒモサボテン属
学名Hylocereus undatus
別名レッドピタヤ
原産地中南米
生育適地土壌は特に選ばない。
開花時期6~10月
収穫期7~11月
繁殖法挿木
植栽適期3~11月が植栽適期です。鉢(ポット)栽培品又は根回し栽培品であれば、適期以外でも植栽が容易になります。
栽培のポイント植栽地の排水が悪いと、根腐れを起こしやすいので、水はけ(透水性)を良くすること。茎の先端が上向きの状態では、先端部が栄養成長(花は咲かない)を継続し、茎の先端部が垂れ下がって充実し、栄養条件や環境条件が良いと生殖生長(花が咲く)するという特徴があるので、整枝剪定の際の基準とする。新芽が多すぎると、花芽の形成が良くないので、かきとって調整する。太くて大きい枝に良い実がつく。良い果実をつけるためにはカリ、燐酸を含んだ肥料を定期的に与える。カタツムリやナメクジ等が、軟らかい新芽を食害するため、見つけ次第補殺すること。
将来樹形半ツル性なので、栽培仕立てに応じて樹形を剪定管理する。
用途庭園、学校緑化
エピソード沖縄県内で栽培されているのは、果皮が赤色で果肉が白色の紅皮白肉系と果皮・果肉とも赤色の紅皮赤肉系が大部分であるが、それ以外にもいろいろな品種がある。白くて大きい花は夜開花し、朝には閉じる。満月か新月の15日ごとに開花する傾向が強い。開花から収穫までの期間はウンダータスが夏に集中し、ニカラグアエンシスは夏から晩秋まで開花を繰り返し、果実が収穫できる。長日のもとに開花が促進されるので、付加価値の高い端境期に出荷するため電照栽培も始まっている。
 123456789101112
開花時期        
植栽適期