バンジロウ

バンジロウ

科名フトモモ科
属名バンジロウ
学名Psidium guajava
別名グアバ、バンシルー
原産地熱帯アメリカ
生育適地土壌は特に選ばない。
開花時期4~5月
収穫期8~9月
繁殖法実生、挿木、取木、接木
植栽適期3~6月が植栽適期です。鉢(ポット)栽培品又は根回し栽培品であれば、適期以外でも植栽が容易になります。
栽培のポイント粘質土壌や水はけ(透水性)が悪いと、立枯れ病が発生しやすいので注意すること。苗を植えつけるときに元肥を入れておくと生長がよく、実つきもよくなる。湿潤よりも乾燥気味に育てると実つきがよい。枝が繁茂しやすいので、結実・収穫後に樹形を整えるため、衰弱枝・徒長枝・枯枝等の剪定を行う。
将来樹形樹高3.0m以上、枝張3.0m以上
用途庭園、公園、学校緑化
エピソードバンジロウ番石榴と書き、導入当初は葉を薬草として使われていた。実際、民間では葉を干してから煎じて飲料として使っている。 果実は熟すと生食できる。沖縄には数多くの品種が導入されていて、果肉が白、ピンク、甘い、甘酸っぱい、酸っぱいなど様々。 ビタミンA,Cが豊富で保険食品として注目を集めている。葉はタンニンを含むのでお茶に使う。
 123456789101112
開花時期          
植栽適期