夫婦デイゴ

夫婦デイゴ

樹高は15m、枝葉の広がりは20mの巨木である。

夫婦デイゴの生育する伊豆味区は、山間部にあり、みかんの里、琉球藍の産地として名高く、昨今ではグリーンツーリズムやあじさいの森、花と緑・蝶の舞う里など夢のある里づくりに取り組んでいる。
このような地域の小中学校に隣接して立っているこのデイゴは、子ども達の登下校を見守り続け、子ども達と共に成長した巨木である。
地域のお年寄りによると、樹木の姿、大きさは幼少の頃から変わらないと言う。
隣り合って生える2本のデイゴは地元のシンボルで、親しみを込めて「夫婦デイゴ」と呼び、大切にしている。

※平成25年1月21日 樹形の著しい変化により認定を取消されました。

 

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号004
認定年度平成14年度
樹種デイゴ(2本)
樹高15m
幹周5m
推定樹齢200年
所在地本部町字伊豆味13
経度・緯度26.6506039_127.947313
所有者本部町
その他台風の被害により、倒木の危険性があったため、町が伐採し、平成25年1月21日認定を取り消しされています。