ガジュマル

ガジュマル

城山(伊江島タッチュー)の南麓の集落内に生育する。敷地は村の組踊り(村の無形文化財)「忠臣蔵」の作者である上地太郎氏生誕の地でもある。
 樹幹は地際から幾つにも分岐し、枝条は上部へ放射状に広がる巨木である。また、根元には自然石の水瓶があり、住民の生活に利用され、第二次世界大戦中は、樹下は軍の飯場となっていた。現在は、歳月の流れと共に、樹木の根が張り、使用されていないが、歴史を伝える貴重な古木である。

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号008
認定年度平成14年度
樹種ガジュマル
樹高13m
幹周6.5m
推定樹齢100年以上
所在地伊江村字東江上210
緯度・経度26.7166874_127.807490
所有者大城清也
その他