ブーゲンビレアの開花調節

ブーゲンビレアの開花調節

ブーゲンビレアは、短日性植物ですので、通常の開花期は10~4月頃になり、夏季(6~9月)には、花が少なくなります。開花した状態で購入したものは、2~3週間程度観賞出来ます。

水やりや施肥・剪定等を工夫すれば、もう一度咲かすことも夏季に花を楽しむこともできます。

1.通常の開花期に再度咲かせるための開花調節

この方法は、四季咲き性の品種(メリー・パーマー、ミセス・バット等)に向いています。

(1)開花が終了した株を準備し、枯れた花・葉・枝を丁寧に除去します。

(2)化成肥料と発酵済みの鶏糞を施し、陽当たりの良い場所に置き、十分に陽を当てます。

※気温の低い場所に置くと、成長が止まり花芽分化しません。なるべく暖かく管理するようにします。

 

(3)株の状態にもよりますが、50~70日程度で花芽が出て開花します。開花中は、水やりを忘れないでください。水分が不足しますと、せっかくの花が落ちてしまいます。

 

 

 

2.夏季に花を咲かせる開花調節

(1)花を咲かせたい日から、逆算して60~70日前から水やりの頻度を少なくします。

(2)葉が多少しおれるまで2~3日間水やりを控えます。

(3)その後は、5日に1回程度を目安に水やりを行い、水の量も少なめにします。

(4)1ヶ月くらいすると、緑色の軟らかい枝がだんだん茶色く木質化してきます。

(5)このとき、主枝から10~15cm程度残して、樹形を整えながら側枝を全部剪定します。

(6)剪定後は、緩効性肥料をやり、水をたっぷりあげます。

(7)通常の水やりを行います。

(8)20日程度で、花芽の付いた新芽が出てきます。