久米の五枝の松 (Goeda Pine of Kume)

久米の五枝の松 (Goeda Pine of Kume)

 「久米の五枝のマツ」と呼ばれるこの松は、久米島を代表する観光名所として名高 く、伊平屋島の念頭平松(おきなわの名木認定番号006)と並 び、二大名松と賞 されている。  通常、リュウキュウマツは、上方へ真っ直ぐに伸びるが、この 松は根元から枝が分岐し、地面を這うように広がり、樹形は傘状に約320㎡近くあ り、形態的に も貴重な個体である。今から250年前に土帝君(農業の神)を祭っ たときに植えられたとされ、現在の松は上江洲家の「家記」によると、1839年に 上江洲智俊の頃に2代目のマツとして植えられたとの記録がある。

 

 久米の五枝の松 下枝どまくら 思わらび無蔵や 我腕まくら

(久米の五枝のマツは、枝が四方に広がってちょうど下枝を枕にしているような 格好で美しい。私のいとしい人は、私の腕を枕にしている。)

 

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号018
認定年度平成14年度
樹種リュウキュウマツ
樹高6.0m
幹周4.3m
推定樹齢150年(推定)
所在地久米島町字上江洲
緯度・経度26.3587140_126.742556
所有者久米島町
その他■国・県指定天然記念物■
「久米の五枝のマツ」平成9年7月28日指定

◆根元の踏みつけを防止するため、柵を設置している