白保小学校のオオバコウ

白保小学校のオオバコウ

枝は傘状に拡がり、その樹形は均整がとれている。

  白保小学校は、明治23年に簡易小学校として設置された、創立121周年の歴史と伝統を持つ学校である。
  同校内には、「アコウ」「ガジュマル」「デイゴ」の三本の巨樹が並立して生育しており、地域では通称「三本木」と呼び親しんでいる。
 当該樹木は、去った大戦前から生育する三本木のひとつとして、子供達の成長とともに生育し、幹周りは3.56m(直径1.1m)と太く、枝は傘状に拡がり、その樹形は均整がとれている。
 当該アコウは、長く校内に生育し、これまでに巣立った数多くの子供達を見送り、今も遊び場や憩いを提供し続け、子供達に健やかな成長を見守り続けている。

 白保小学校は、年中花と緑のある学校として、平成12年に全日本学校関係緑化コンクール準特選に選ばれており、このような緑化環境の中、当該オオバアコウは、適切に管理がなされ、小学校のシンボルとして、大切にされ続けている。

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号109
認定年度平成23年度
樹種オオバコウ
樹高8.05m
幹周3.56m
推定樹齢100年以上
所在地石垣市字白保73-1
経度・緯度24.3543608_124.2389893
所有者石垣市
その他