平久保のヤエヤマシタン

平久保のヤエヤマシタン

全体

  平久保集落東北方の山裾に、幹周2.3mと1.9m、樹齢が200年近くあるとみられている2本のヤエヤマシタン(八重山紫檀)が生えている。
 ヤエヤマシタンは、中国南部、インドから東南アジアまで広く分布しているが、国内では石垣島のみに自生しており、昭和47年(1972)5月15日の本土復帰と同時に国の天然記念物に指定された。
 かつて、ヤエヤマシタンは、島の各地に多く生育していたが、木肌が美しく、光沢があることなどから家具材として、また建築用材として使われ、乱伐されて、その数が急激に少なくなり、絶滅が心配されている。
 ヤエヤマシタンが山地に自生している風景が見られるのは、今では、平久保と最近確認された野底のみとなっている。
  幾年もの台風や干ばつ等の自然災害に耐え、乱伐されずに生育してきた巨木であり、定期的な下刈りを行うなどして、石垣市教育委員会が保護している。

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号126
認定年度平成25年度
樹種ヤエヤマシタン
樹高15m
幹周2.3m/2.0m
推定樹齢170年
所在地石垣市平久保
緯度・経度24.585568_124.326046
所有者石垣市
その他国指定天然記念物