タブの老木

タブの老木

全体

当該樹木は、祖納の歴史を見つめてきたタブの老木である。
 中国大陸から鉄を持ち込み、鍛冶を始めた大竹祖納堂儀佐(おおたけそのどうぎさ)を祀る大竹御嶽の境内にあるご神木である。
 大竹御嶽の一帯は、クバの群生になっているが、その中に一本だけタブの老木がそそり立っている。
 このタブの老木は、集落の高台にありながら、長年に渡る風雨に耐え、まさに老樹の風格を漂わせている。
 推定樹齢は240年と考えられており、幹は二股に分れておりそれぞれの周囲は4.3mと0.9m、高さは9mにも達している。
 この一帯は、旧集落の中心でもあった。
 現集落の中心から、旧道を上った山の手に位置し、このタブの老木をはじめ、木々がうっそうと繁り、大竹御嶽のような神聖な場所を見守り続けている。
 現在、竹富町が天然記念物に指定し、解説板やコンクリート柱を設置し、定期的な下刈りを行うなどして保護している。

 

 注意事項

  当該樹木は近くで見ることはできますが、その奥の区域は拝所となっており、現地保全のため、拝所への立入についてはご遠慮頂いております。

 

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号128
認定年度平成25年度
樹種タブノキ
樹高9m
幹周4.3m/0.9m
推定樹齢240年
所在地竹富町字西表492
緯度・経度24.39081_123.74501
所有者大竹 彌
その他竹富町指定文化財 天然記念物