旧古堅国民学校跡のデイゴ

旧古堅国民学校跡のデイゴ

 当樹木が生育している場所は、戦前、古堅国民学校の校庭であった。当時、樹木周辺では子ども達が遊び、夜には地域の青年が集い語り合う場所だった。
 戦後、この地は米軍施設となり、さらに昭和52年の返還の後は土地整備事業が導入されたが、地域の人々の強い要望により当樹木を残すことになった。
 地上約1.2m付近から幹が分かれ、大きく横に広がった枝下には心地よい緑陰が形成され、安らぎの生活空間づくりに重要な役割を果たしている。当デイゴはこの地が巡ってきた歴史の記録者であり、地域住民の心にふるさとの記憶として刻まれている。

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号044
認定年度平成16年度
樹種デイゴ
樹高6.5m
幹周5.8m
推定樹齢100年
所在地読谷村字古堅63-4
緯度・経度26.3699803_127.7515386
所有者読谷村
その他