比地小玉森の大アカギ

比地小玉森の大アカギ

 この大アカギは、比地集落の後方に位置する標高40mの小高い丘の上にあり、琉球由来記に「小玉森」と記され、地元では「アサギ森」とも呼ばれている。旧暦7月の海神(ウンジャミ)祭などの重要な年中行事が行われる神聖な場所である。

  小玉森には、このアカギの巨木を含め、ホルトノキやタブノキなどの高木が生育し、一帯は「比地小玉森の植物群落」として、県の天然記念物に指定されている。

  小玉森は古くから拝所の役割をし、村民が聖域として大切に保護してきた森であり、人々の暮らしと結びついた里山林として貴重なものである。

 

  注意事項

  当区域は、拝所となっており、現地保全のため、立入については、ご遠慮頂いております。

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号001
認定年度平成14年度
樹種アカギ
樹高16m
幹周5.2m
推定樹齢400年
所在地沖縄県国頭村字比地49
緯度・経度26.7267649_128.176964
所有者比地区自治会
その他■沖縄県指定天然記念物■
「比地小玉の植物群落」平成3年4月2日指定