喜如嘉のミフクラギとフクギ

喜如嘉のミフクラギとフクギ

 沖縄本島の西海岸を走る国道58号線沿い、辺土名高等学校から喜如嘉区の間に生育する。
 仲良く寄り添うように立っているミフクラギとフクギは、目印としての標示木にもなり、県指定天然記念物である喜如嘉の板干瀬(いたびし)を背にした風物でもある。
  地域では「夫婦木」や「友達の木」と呼ばれ親しまれている。

※板干瀬・・・いたびし。
  熱帯から亜熱帯のサンゴ礁海岸に見られるビーチロックと呼ばれる岩で、昔の砂浜にあった砂粒が炭酸カルシウムで固められ、暑さ6~30mの板状の岩が何枚にも重なりあったもの。

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号054
認定年度平成17年度
樹種オキナワキョウチクトウフクギ
樹高6m
幹周1.3m
推定樹齢75年以上
所在地大宜味村喜如嘉  国道58号線沿い
緯度・経度26.7058461_128.138115
所有者
その他