御殿(ウルン)の木 (Urun no Ki/Tree at the Palatial Residence)

御殿(ウルン)の木 (Urun no Ki/Tree at the Palatial Residence)

 当樹木は小中学校前の畑の中にあり、村の文化財に指定されている。樹高13mで、こんもりと茂った樹冠は円形で美しい。
 また、アカテツとしては県内最大のものと考えられており、学術的にも貴重である。
 昭和の初め頃まで行われていた「種子取り」祭りのときには、この木のそばに「御殿」(方言でウルン)と称する茅葺きの小屋を作っていた。
 今は畑仕事の合間に緑陰で休憩する地元の人の姿も見られる。
 現在も木の下にある拝所とともに大切にされ、地域のシンボルとなっている。

 

 

This tree, designated as a village cultural monument, is located in the middle of the field in front of the elementary and junior high school. The height of this tree is 13m, with a thick-growing tree canopy shaped round and beautiful.

This akatetsu (boxwood) tree is thought to be the biggest akatetsu in Okinawa Prefecture, making it of scientific value.

In the Tanadui Festival performed until early in the Showa Era (1926 to 1989), villagers made a thatch-roofed hut called “Urun” (Okinawan for “palace”) by this tree. Today, locals resting in the shade under the tree during fieldwork breaks can be seen. This tree, together with the place of worship underneath it, is valued by the locals as a symbol of the community.

 

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号066
認定年度平成17年度
樹種アカテツ
樹高13m
幹周4.7m
推定樹齢400年
所在地座間味村字阿嘉273
緯度・経度26.1913204_127.281948
所有者阿嘉区自治会
その他■村指定天然記念物■
「阿嘉御嶽のアカテツ」平成10年10月指定