備瀬のフクギ並木

備瀬のフクギ並木

 かつて沖縄では、まっすぐに育つことや、葉がびっしりと茂り幹が丈夫なことから集落を台風や海風から守る防風林として各地にフクギが植えられていた。
  また、樹皮は沖縄の着物に欠かせない黄色の染料の材料としても使われている。
 本部半島にある備瀬集落に広がる当フクギ並木は沖縄本島では最大規模を誇り、集落全体のあらゆる道に、樹齢300年の木々が隙間なく立ち並んでいる。
  その数は数千本に及ぶと言われ、深緑に包まれた備瀬の集落を歩いていると、昔の沖縄にタイムスリップしたような錯覚さえ起こさせる。
  近年はマスコミなどにより当群落が有名になり、県内外から多くの観光客が訪れている。

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号072
認定年度平成18年度
樹種フクギ
樹高19m
幹周2.45m
推定樹齢300年
所在地
緯度・経度26.7019107_127.882954
所有者本部町字備瀬453付近
その他