ガジマン

ガジマン

粟国島では1945年4月1日の空襲で学校が焼け、校庭のガジュマルだけが残った。この木には「焼けずに残った戦前のガジュマル」と記された札が提げられている。また、不発弾の殻が枝にかけられ、授業の開始・終了を告げる鐘として使われている。

当樹木は現在の学校所在地に粟国尋常小学校が整備されて十数年後に植えられた。校庭にしっかりと根を張ったガジマンは、学校の様々な出来事を見守り、小中学校あわせて千名余の児童生徒を社会に送り出している。卒業生達は帰郷した際、学校を訪れて唯一残っているこのガジュマルを通して昔を偲ぶなど、貴重な樹木となっている。

 

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号077
認定年度平成18年度
樹種ガジュマル
樹高10m
幹周6.5m
推定樹齢100年
所在地粟国村字東447
緯度・経度26.5823022_127.229404
所有者粟国小中学校
その他