砂川神社のイスノキ

砂川神社のイスノキ

大地にどっしりと立ち、枝の張りも良し

 当該樹木は、宮古島市城辺の砂川集落にある「砂川(うるか)神社」の境内に生育している。
 当神社では、旧暦の8月15日、十五夜の満月の日に、宮古全域に古くから引き継がれてきた野外の集団円陣舞踊であるクイチャーや二百年前から集落に伝わる伝統の獅子舞が神社に奉納され、五穀豊穣を祈願する豊年祭が行われている。また、旧暦3月3日には海の神に感謝して魚を奉る祭事等も行われている。
 当該イスノキは、このような由緒ある神社に鎮座する樹木として、長年の間地域住民から崇められている樹木である。
また、同イスノキは区による管理や地域の老人クラブによる定期的な清掃活動等、地域の貴重な樹木として、大切に保護・管理されている。

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号107
認定年度平成23年度
樹種イスノキ
樹高6m
幹周1.2, 2.6m
推定樹齢100年以上
所在地宮古島市城辺 字 砂川
緯度・経度24.7327451_125.353939
所有者砂川区長
その他