友利のハスノハギリ

友利のハスノハギリ

幹は太く、枝が力強く四方に広がっている。

  当該樹木は、宮古島市城辺友利の御嶽に隣接する地に生育している。
  ハスノハギリの周辺の土地は、地元住民の憩いの場となっており、宮古一周道路に面し、インギャーマリンガーデンの近くにあることから、人目に触れる場所にある。
 当該樹木は、幹周りが6.4m、直径2mと太く、宮古島内では最大級のハスノハギリと思われる。
 その巨大な姿から樹木の生命力を感じさせ、力強く拡がる枝の緑陰は、道行く人々に一服の休息と清涼感を与えてくれる。

※平成23年度に認定した認定番号108の友利のデイゴについて、平成27年度(平成28年3月1日)に樹種名(ハスノハギリ)の変更を行いました。

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号108
認定年度平成23年度
樹種ハスノハギリ
樹高9m
幹周6.4m
推定樹齢100年以上
所在地宮古島市城辺字友利本島605-4
緯度・経度24.7258067_125.362308
所有者宮古島市
その他