幸地河原ハープ前のデイゴ(夫婦デイゴ)

幸地河原ハープ前のデイゴ(夫婦デイゴ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当該樹木は、幸地川沿いに残る唯一原風景を象徴する樹木である。同河川には、本デイゴのほかにも、名護のひんぷんがじゅまるが所在している。周辺にある東江小中学校や名護城、市街地などの発展とともに歩んできた。

 このことから、名護市からも親しまれ大切にされてきた貴重な樹木である。特に、2個体が林立するその姿から夫婦デイゴとも呼称されている。

 幹全体は南に傾き、現在は歩道内に取り込まれている。東幹は北面が腐朽空洞化しており、人の往来も激しく踏圧も大きいため、生育環境は必ずしも良好ではないが、生き生きと生育している。

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号115
認定年度平成24年度
樹種デイゴ
樹高8.5m
幹周4.25m
推定樹齢100年
所在地名護市大東298-2番地
緯度・経度26.5894608_127.98557129999995
所有者名護市
その他2個体が根本で融合したものとおもわれ、70cm高で東と西に2つに分けられる。幹全体は川に傾いている。