与那原公民館の大アカギ 久葉堂赤木(クファドゥウフアカギ) (Kufaduufakagi, the Great Bishop Wood of Yonabaru Community Center)

与那原公民館の大アカギ 久葉堂赤木(クファドゥウフアカギ) (Kufaduufakagi, the Great Bishop Wood of Yonabaru Community Center)

枝張り東西10m  久葉堂の拝所は区民の聖地であり、戦後を通して拝所とともに樹木も大切に保護されてきた

  ここには「久葉堂」と呼ばれる拝所があり、区民の聖地となっており、祠を囲むように正面に当アカギ、周りにアコウ、ガジュマルなどが互いに樹冠を接し生育している。
「久葉堂」は町内の運玉森に所在する「聞得大君カナシ」の墓を遙拝する箇所として参拝され、地元では昔、運玉森が崩れた際に亡くなった人の霊を慰めるための拝所とされている。
 去る大戦により樹齢100年を超える木も壊滅状態にあった中、戦火を免れた貴重な樹木である。また、当アカギの生育する「あかぎ児童館」の名称も、この木から名 付けられている。

 

 

Here there is a sanctuary called Kufaduu, a holy place for residents. This akagi, or bishop wood, tree faces the shrine, almost surrounding it, growing together with other, surrounding akou and gajumaru (Ficus microcarpa, banyan trees) trees that meet at their crowns.

Kufaduu is a place to worship “Kikoe Oogimi Kanashi (or, in the local language, Chifiufujin Ganashi),” buried in Yonabaru’s Untamamui Forest. It was built long ago, to comfort the souls of people killed when Untamamui Forest crumbled. This precious tree survived World War II escaping the fires of war even as trees over 100 years old around it were flattened. Also, the name “Akagi Children’s Center,” which takes care of this tree, takes its name from this tree.

 

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号033
認定年度平成15年度
樹種アカギ
樹高5m
幹周3.6m
推定樹齢150年
所在地与那原町字与那原912
緯度・経度26.2068067_127.755710
所有者与那原町
その他■■町指定天然記念物■■
「久葉堂赤木」平成7年4月25日指定