具志頭V字ガジュマル

具志頭V字ガジュマル

 約50年前当時具志頭中学校の敷地内であったこの場所に、卒業記念として植えられたガジュマルが成長し、Vの字の形を成した。その後役場の敷地となったが、そのままの状態で保護管理されており、普段は日陰のある休憩所として利用されている。

 特徴的なV字の樹形は根元から綺麗に分岐しており、幹は多数の木根が絡みつき、胸高での幹周は4.4mにもなる。近くで見ると樹齢50年(推定)には思えないほど貫禄のある佇まいである。

 さらに、毎週土曜日にはこのガジュマルの下で、地域で取れた農作物や水産物の地産地消を目的とした「朝市」も行っており、地域のシンボル及び地域住民の憩いの場として大切にされている。

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号122
認定年度平成24年度
樹種ガジュマル
樹高10m
幹周4.4m
推定樹齢50年
所在地八重瀬町字具志頭659番地 (役場敷地内)
緯度・経度26.1218751_127.74267480000003
所有者八重瀬町
その他幹は、名称の由来どおり根元から左右にわかれ、さらに多数の木根に覆われ太く、枝は四方に伸び、ドーム状の形を成している。