ガジュマル

ガジュマル

IMG_1773

 

 当該樹木は、伊江村東江上の民家に隣接する畑の中に生育している。
 民家が建築される前からこの場所に生育し、樹齢300年以上とも言われている。
 現在では樹高13m、幹周11mに生長し、枝は四方に広がり樹形は均整がとれていてどっしりしている。
 激戦地であった伊江島において、戦前から残る当該樹木は貴重であり、所有者が戦火を逃れ疎開先から戻った際に辺り一面焼け野原の中、このガジュマルだけが残っていた、とのことである。
  ガジュマルは伊江村の村木でもあり、伊江村の指定天然記念物にも指定され、地域の人々により大切に保護管理されている。

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号124
認定年度平成25年度
樹種ガジュマル
樹高13m
幹周11m
推定樹齢300年
所在地伊江村字東江上207番地
緯度・経度26.718271_127.810281
所有者大城 盛朴
その他伊江村天然記念物(巨木の部認定)