フクギ

フクギ

IMG_1778

 

 樹齢320年と言われる当該樹木は、伊江島タッチューの南麓の集落内にある民家の一角に生育している。
 戦後、伊江島が復興する際にほとんどの樹木が材木にするため倒木されたが、この樹は、戦時中に無数の爆弾の破片が食い込んだと考えられ、材木として使用されなかった。

 その後、この樹木に沿うように所有者が住居をたて、屋敷林として保全されているとともに、地域の住民が大切に守ってきたことで、今も真っ直ぐ幹を伸ばし、力強く立っている。
 住居の塀を隔てて道路側から当該樹木を見ることができ、日常生活において、緑陰を提供しており、地域の人々の心の中に息づく樹木となっている。

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号125
認定年度平成25年度
樹種フクギ
樹高11m
幹周2.7m
推定樹齢320年(平田式)
所在地伊江村字東江上338番地
緯度・経度26.717704_127.810956 
所有者島袋 満英
その他