ペーブク(平久保)のサガリバナ群落

ペーブク(平久保)のサガリバナ群落

サガリバナHP掲載

 石垣島の最北端、平久保川の上流にある。大きな古木をはじめおよそ300本のサガリバナの自生地で、見ごろの7月上旬から中旬には、地面が一面花で埋め尽くされるほど。7月から9月まで楽しめ、島内外から多くの鑑賞者が来場する。手作りの遊歩道で、サガリバナと満天の星空を一度に楽しむことができます。
 米盛三千弘・邦子ご夫妻が2005年に畑近くの森の中からサガリバナの大きな古木を発見したことがきっかけで、「ペーブク(平久保)サガリバナ保存会」を立ち上げ、害虫駆除、雑草、枝葉の手入れなど、ボランティアで保護管理を行っています。平成25年度には「夏の夜空に彩るペーブクサガリバナでふるさとづくり」として「沖縄、ふるさと百選」にも選ばれています。

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

登録番号072
登録年度平成25年度
所在地石垣市字平久保
緯度・経度24.5856061_124.30927759999997
備考