塩屋のハスノハギリ

塩屋のハスノハギリ

   樹齢300年と言われる当樹木は、塩屋区の共同墓地の入口にあり、共同墓地建造時からすでに生育していたと考えられている。
 樹高11m、幹周り6m弱で枝を四方に張り出し、根元で2本の樹木が接合している。
 かつて、土葬の習慣があった頃、塩屋区の女性達は当樹木の下で洗骨を行った。土葬の習慣がなくなった今では、共同墓地組合の人々の憩いの場となっている。
 先の大戦でほとんど全焼してしまった塩屋区であるが、戦火を免れ、時代の変遷を見守ってきた貴重な古木である。

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号040
認定年度平成16年度
樹種ハスノハギリ
樹高11m
幹周5.7m
推定樹齢300年
所在地大宜味村字塩屋
緯度・経度
所有者
その他