当銘のガジュマル (Tome no Gajumaru/Banyan Tree in Toume)

当銘のガジュマル (Tome no Gajumaru/Banyan Tree in Toume)

 旧東風平町の県道134号線近くにある「当銘のガジュマル」は樹高12m、樹齢300年と言われる巨木である。垂れ下がる多数の気根は地面に到達し、荘厳な景観をつくり出している。
 当樹木の下には拝所があり、地域の人々の信仰の対象となっている。また、ソントン(舜天王のこと。舜天王:琉球の歴史書に登場する王)御イベ居住地跡の囲いであるという故事も伝わっている。 なお、当樹木は町の天然記念物に指定されており、沖縄県環境保健部自然保護課(当時)実施の「巨樹・巨木林調査」において沖縄の巨木に選ばれている。

 

Tome no gajumaru is a giant banyan tree growing by prefectural highway 134 in former Kochinda Town, 12m in height, estimated to be 300 years old. Many hanging aerial roots reach the ground, creating a magnificent sight.

There is a place of worship called an “uganju” under this tree, an object of faith for the local people. It has been told that the tree was a sacred place used around the site of King Sonton’s residence (Sonton, also known as Shunten-O, a king in the history of the Ryukyu Islands).

Further, the tree is designated as a town natural monument, also selected as Okinawa’s Big Tree through the “Big Trees Survey” conducted by Okinawa’s former Nature Conservation Division in the Environmental Health Department.

 

 

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号047
認定年度平成16年度
樹種ガジュマル
樹高12m
幹周18m
推定樹齢300年
所在地八重瀬町字当銘42
緯度・経度26.1505380_127.702138
所有者
その他■町指定天然記念物■
「当銘のガジュマル」平成4年4月2日指定