デイゴ(シマクサラー)

デイゴ(シマクサラー)

133ー5

米須グスクの麓に、戦禍をまぬがれて生き延びた樹齢150年のデイゴの老木がある。

旧暦12月8日のシマクサラシという行事の日には、この木に牛の骨を吊して厄除けの願いをする。地元では「シマクサラー」と呼ばれご神木として崇められている。木の周辺はみんなのガーデンとして定期的に除草し、花壇として整備している。現在「村まるごと博物館」の取り組みがあり、観光コースとして「あじうがみまーいコース」に含まれている木である。

 

 

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号133
認定年度平成29年度
樹種デイゴ
樹高9m
幹周5.453m※1(3.31m、4.48m)
推定樹齢150年
所在地糸満市字米須地内
緯度・経度26.096066_127.696880
所有者字米須
その他※1 (3.31+4.48)×0.7=5.453m
「幹周(みきしゅう)」:(財)日本緑化センター
樹木の、幹の周長をいい、根鉢の上端より1.2m上りの位置を測定する。幹が2本以上の樹木の場合は、おのおのの周長の総和の70%をもって幹周とする。なお、「根本周(ねもとしゅう)」と、特記する場合は、幹の根元の周長をいう。