具志頭のフクギ並木

具志頭のフクギ並木

 当フクギ並木は1613年に具志頭間切番所が設置されたときに植栽されたという言い伝えがある。
  現在は国道331号線沿いに71本、最も樹高の高いものは13m、幹周りは最も太いもので2.5mになる。個人の防風林だった並木を、道路整備のため国の所有となったが、並木を守りたいという地域住民の思いと美観を尊重した国の考えが一致し、フクギは守られ、現在も旧村役場前から北東へ約120mもフクギ並木が続いている。

 

 また、フクギ並木に散策道が完成したことをきっかけに「ぐしちゃん福の木通り会」が結成され、景観美化活動や各種イベントを行っている。

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号060
認定年度平成17年度
樹種フクギ
樹高13m
幹周2.5m
推定樹齢390年
所在地八重瀬町字具志頭355-5
緯度・経度26.1227407_127.743884
所有者
その他