儀間志良堂蔵のコバテイシ

儀間志良堂蔵のコバテイシ

 字儀間集落の道路に挟まれた広場に生育している。
 四方に枝を伸ばし葉を茂らせ、緑陰を提供している。旧暦6月25日のウマチーの日には志良堂蔵角力大会が開催され、地域住民のコミュニケーションの場所を形成する樹木として、昔から愛されている。
 明治30年に宇久田安得氏が植樹したものを明治37年に現在の場所に移植したと記されており、歴史を語る古木である。

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号064
認定年度平成17年度
樹種コバテイシ
樹高10m
幹周3.3m
推定樹齢108年
所在地久米島町字儀間139
緯度・経度26.3343569_126.767452
所有者久米島町
その他■町指定天然記念物■
「儀間志良堂蔵のコバテイシ」平成9年5月1日指定