モンパノキ

モンパノキ

 民家の中にあり、防風林として成長してきた。
 四方に枝を伸ばし葉を茂らせた樹冠は遠くから眺めると円形でバランスのとれた形をしている。
 モンパノキは耐潮風性が高く、海浜地でも生育できる。
 昔はミーカガン(糸満の海人・玉城保太郎氏が考案したといわれている)と呼ばれる水中メガネを作るための材料として重宝されてきた。
 四方を海に囲まれた本県においては、歴史を語る樹種として貴重な存在である。

※平成25年1月21日 枯死により認定を取消されました。

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号067
認定年度平成17年度
樹種モンパノキ
樹高6m
幹周1.9m
推定樹齢80年
所在地座間味村字慶留間57
緯度・経度26.1771212_127.292540
所有者慶留間区自治会
その他台風による倒木で、枯死しました。平成25年1月21日認定を取り消しされています。