伊部岳のオオウラジロガシ

伊部岳のオオウラジロガシ

当樹木は伊部岳中腹部(国頭村有林)に生育し、県道70号線安田を入口とする登山道を約3km進んだところにある。首里城築城時代の献木にまつわる「国頭サバクイ」の歌にある築城材として利用された木の生き残りとの言い伝えがある。

※国頭サバクイ・・・くんじゃんさばくい。沖縄を代表する木遣り歌。サバクイとは地方役人の役職名。首里城の造営・改築
の際、国頭間切奥間後方のナゴー山で伐採した木材を運搬するときに歌った。琉球王国時代、国頭のカシの木は王府への貴重な献木であり、木を運ぶときの役人の心意気を歌ったものと言われる。

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号086
認定年度平成19年度
樹種オキナワウラジロガシ
樹高22m
幹周6m
推定樹齢300年以上
所在地国頭村字安田  
緯度・経度26.7603488_128.289692
所有者国頭村
その他