塩屋の松並木

塩屋の松並木

琉歌で「塩屋松並ぬ 枝持ちぬ美らさ 島の美童ぬ 身持ち美らさ」と歌われたこの塩屋の松並木は、大正9年(1920年)当時の大東製糖所長 江崎龍雄氏が植林10ヶ年計画を立案して50万本もの植樹を完了させた功績の一部であり、風致林として高く評価されている。フロンティアロードパークとして観光ガイドブックなどに掲載され、南大東村の観光地となっている。

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号099
認定年度平成19年度
樹種リュウキュウマツ
樹高
幹周
推定樹齢87年
所在地南大東村字池之沢421-5
緯度・経度25.8307315_131.219404
所有者南大東村
その他