イッペイ

イッペイ

科名ノウゼンカズラ科
属名ギンヨウノウゼン
学名Tabebuia impetiginosa
別名イッペー、モモイロイッペー
原産地ブラジル、パラグアイ、アルゼンチン
生育適地土壌は特に選ばない。
開花時期1月~3月
収穫期
繁殖法実生・接木
植栽適期3月~6月が植栽適期です。(熱帯産の樹木は、寒期が終わり暖期に向かう時期が良い)根回し栽培品であれば、適期以外でも植栽が容易になります。
栽培のポイント将来樹形がかなり大型になるので、植栽スペースを十分考慮して配植すること。陽当たりが悪いと花付きが悪くなるので、十分陽が当たる場所に植えた方がいいでしょう。1.0m程度の苗木でも開花するもの、花色の濃い紫色の接木苗等いろいろ出回っていますので参考にして下さい。
将来樹形樹高5.0m以上、枝張5.0m以上
用途庭園、公園、街路、学校緑化
エピソード和名はブラジルで呼ばれているイペ(Ipe)からきており、赤紫系をイペ・ロッショ(Ipe-roxa),イペ・ローザ(Ipe-rosa)と呼ぶ。南米に移住した人々が沖縄に帰る際に種子を持ち帰ったのが、栽培の始まりといわれている。黄色の花が咲くコガネノウゼンもイッペイと言うことがあるが、これは現地で総称として呼んでいる言葉で、イペ・アマー(Ipe-amarelo)が正しいとのこと。
 123456789101112
開花時期         
植栽適期