ヒカンザクラ

ヒカンザクラ

科名バラ科
属名サクラ
学名Prunus campanulata
別名カンヒザクラ
原産地南中国、台湾
生育適地土壌は特に選ばない。
開花時期1~2月
収穫期
繁殖法実生・挿木・接木
植栽適期11月~1月が植栽適期です。(新芽の展開期及び夏季の高温・乾燥期は避けた方が良い)根回し栽培品であれば、適期以外でも植栽が容易になります。
栽培のポイント乾燥を嫌うので、根元には敷きワラ等でマルチングをした方が良い。桜の仲間は、枝の傷口の回復力(修復力)が弱く、腐朽しやすいので不要な剪定はなるべく避けること。種子は、低温処理で発芽させてから植付けるといい結果が出ます。
将来樹形樹高5.0m以上、枝張5.0m以上
用途庭園、公園、街路、学校緑化
エピソード和名の緋寒桜(ヒカンザクラ)は花色が緋色に染まることからつけられた。この名前が彼岸桜(ヒガンザクラ)と紛らわしいので、寒緋桜(カンヒザクラ)ともいう。沖縄では普通に「サクラ」と呼び、学校・公園・並木などに使われている。本部町や名護市で毎年1月中旬から始まる全国一早い「桜祭り」は、有名になった。 県内に植栽されているものは、ほとんどが実生個体であり、開花期の不揃い、花色の濃淡等個体毎の変異が大きいので、選抜個体による接木苗の普及も検討されている。
 123456789101112
開花時期          
植栽適期