アツバノボタン

アツバノボタン

科名ノボタン科
属名シコンノボタン
学名Tibouchina granulosa
別名ムラサキノボタン
原産地ブラジル東部
生育適地酸性土壌を好むが、ノボタンに比べて適応範囲が広い。
開花時期6~8月
収穫期
繁殖法実生・挿木
植栽適期3月~6月が植栽適期です。通常、鉢(ポット)栽培品で流通しているので、適期以外でも植栽は容易になります。
栽培のポイント酸性土壌を好むので、植栽に際しては国頭マージ(酸性土壌)を使用すること。鉢植えの場合には、国頭マージか鹿沼土を使用した方が良い。排水良好で肥沃な土壌を好む。やせていると花数が少なくなる。
将来樹形樹高2.0m、葉張2.0m
用途庭園、公園、学校緑化、鉢植
エピソード沖縄には1979年頃に南米から導入された、比較的新しい花木。イッペイの仲間、コガネノウゼンと同様、オリオンビールの創立30周年を記念して、苗が配られた一つ。そのためか、あちらこちらの家庭の庭で、開花しているのが見られる。
 123456789101112
開花時期         
植栽適期