バルバドスチェリー

バルバドスチェリー

科名キントラノオ科
属名マルピギア属
学名Malpighia glabra、punicifolia
別名アセローラ
原産地熱帯アメリカ、西インド諸島
生育適地土壌は特に選ばない。
開花時期5~10月、5~10月の間に4回程度開花する。
収穫期6~11月、6~11月の間に4回程度結実する。
繁殖法挿木・取木
植栽適期3~11月が植栽適期です。鉢(ポット)栽培品又は根回し栽培品であれば、適期以外でも植栽が容易になります。
栽培のポイント水はけ(透水性)が良く、風当たりが少ない場所に植え付けること。子苗を植えつけたら、支柱を立てて生育を助けること。ある程度生長したら、適宜剪定し、枝の暴れを防ぐ。燐酸、かり肥料を与えると花つきがよくなり実つきも良い。実を収穫したら剪定し、次の開花に備えるが、あまり開花しない場合には、主枝の基部を幅1~2cm程度に皮をはぐ(環状剝皮)と花付きがよくなる。葉には、小さな刺し毛があり、皮膚につくとかゆくなるので、管理作業時には注意すること。
将来樹形樹高3.0m以上、枝張3.0m以上
用途庭園、公園、学校緑化、鉢植
エピソード沖縄には1858年ハワイから甘味系導入、1983年酸味系が鹿児島経由で入った。甘味系は糖度10%前後、ビタミンCは果汁100g当たり1,000~1,300mg、グアバは270mgなので約5倍、レモン90mgなので約10倍にあたる。酸味系は糖度8%前後、完熟果でビタミンCは1,500mgもある。天然ビタミンCの王様ともてはやされた、所以がこの数字で分かる。
 123456789101112
開花時期      
植栽適期