真喜屋のサガリバナ集落(舞香花 モーカバナ)

真喜屋のサガリバナ集落(舞香花 モーカバナ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当該樹木は、名護市の眞喜屋の集落内を流れる水路のふちに生育する。
市指定天然記念物で樹木の高さはわが国最大級のものと思われる。葉の間から長さ50~70㎝の穂状の花序をたらし、たくさんの薄いピンクや濃いピンクの花をつける。花序は、長いもので1mを超えるものも観察されており、夏の開花時期には独特の香りをかもしだし、夕方より咲き始める花は幽玄で見るものを圧倒させる。 当該樹木は2002年の台風で幹が折れたものの、地元住民らが再生に力を注ぎ、花を咲かせるまでに復活させた。折れた幹の上部2.5mも植え替えに成功し、立派な花を咲かせた。17年前から「なご真喜屋舞香花会」を立ち上げ、毎年「サガリバナ」の花が咲く時期に合わせて「舞香花祭り」を企画し、真喜屋の「舞香花」を一目見ようと訪れる人々を楽しませている。

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号114
認定年度平成24年度
樹種サガリバナ
樹高6m
幹周0.64m
推定樹齢(推定)150年・20年
所在地名護市字真喜屋152.153.153-1.156に囲まれる里道
緯度・経度26.6302542_128.03842710000004
所有者名護市
その他枝は四方に拡がり、その樹形は均整がとれていてどっしりしている。