アシビナーのアコウ

アシビナーのアコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当該樹木は、台風の襲来により2度の倒木の被害を受けたが、折れた幹から新たに根を張り、今もなお健在である。そこから伸びる枝葉は、以前と同じく青々と茂り、その緑陰の下では地域住民が憩いの場として利用している。

 また、当該樹木の周辺は、古くからの与那城西原区のアシビナーであり、区の十五夜の際には、この樹木の下で地域住民が集まり、祭りを開催するなど、地域の人々から大切に保護・管理され、親しまれている。

 2度も台風で倒れながらも、そこからまた根を出し成長を続けている当該アコウの姿は、樹木の生命力と力強さを感じさせる。

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号120
認定年度平成24年度
樹種アコウ
樹高9m
幹周3.3m
推定樹齢300年
所在地うるま市与那城西原72-1
緯度・経度26.3272849_127.88421140000003
所有者与那城西原自治会
その他もともとは高く四方に枝を広げていたが、台風による倒木後は、倒れた所から新たに根を張り、そこから上へと伸びている。