真乙姥 (まいつば)御嶽のオオバアコウ

真乙姥 (まいつば)御嶽のオオバアコウ

 オオバアコウが生育する真乙姥御嶽は、1500年代に石垣島で行われた王府(中山)軍と地元オヤケアカハチとの戦いで、中山軍に協力した真乙姥(長田大主の妹)の祈願の功績により、当時の尚真王から神職を与えられ、没後の墓を御嶽としたもので、八重山の歴史と深く関わる場所である。
 樹下では旧暦の6月に豊年祭の豊穣祈願や奉納行事が行われており、当樹木は神聖な木として人々から崇められている。

また、当樹木の幹には、確認できないほどに下垂した気根が絡み合 い、その姿は奇怪であるとともに、畏敬の念も感じる。
 市の巨樹・巨木として「石垣市緑の戸籍簿」にも登録されている。

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号037
認定年度平成15年度
樹種オオバアコウ
樹高10m
幹周10.5m
推定樹齢200~300年
所在地石垣市字新川252
緯度・経度24.3467672_124.153884
所有者石垣市
その他