津堅小中学校のクワノハエノキ

津堅小中学校のクワノハエノキ

 明治27年に開校し平成6年に100周年を迎えた津堅小中学校は津堅島の教育・文化の発信地として、また地域住民の交流の場として親しまれている。学校の中央に生育する当樹木は、枝ぶりがよく、子ども達が木登りしたり保護者の憩いの場である。 津堅島は、小さい島ながら先の大戦の激戦地となった悲しい歴史を持っている。現在は学舎に暖かな空間と高い風致景観をつくり出し、未来を担う子ども達の成長を見守っている。 当樹木は落葉性の高木で樹高約10m、幹周り2.6m、推定樹齢75年 と、若齢で小さいが、島の人々の想いが深く刻み込まれ、地域のシンボルとしてふさわしい樹木である。

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号046
認定年度平成16年度
樹種クワノハエノキ
樹高10m
幹周2.6m
推定樹齢75年
所在地うるま市勝連津堅1327
緯度・経度26.2479385_127.9363165
所有者津堅小中学校
その他