世名城のガジュマル (Yonagusuku no Gajumaru/Banyan Tree in Yonagusuku)

世名城のガジュマル (Yonagusuku no Gajumaru/Banyan Tree in Yonagusuku)

 八重瀬町世名城にある報徳川近くに生育する当ガジュマルは地域のシンボルとして地元から親しまれている。垂れ下がる無数の気根が形作る23.5mの巨大な幹は、大人10人が手をつないでも取り巻けないほどの太さであり、見る人に圧倒的な存在感を与えている。 2000年の環境省巨樹・巨木林調査において、全樹種中で幹周り全国3位に値する(ガジュマルは幹の形状が特殊なため正式にはランキングに入っていない)。 地元のシンボルとなる当樹木は、その大きさと形状から地域住民だけ でなく訪れる観光客をも楽しませている。

 

This gajumaru, or banyan, tree growing near Mukue-gawa, a river in Yonagusuku of Yaese Town, is popular and known to local people as a symbol of the community. The huge tree trunk, formed by many hanging aerial roots, has a 23.5m circumference, and 10 people holding hands cannot close a circle around it. Surely, it has an overwhelming presence. In the “Big Trees Survey” by the Ministry of the Environment in 2000, this tree equaled 3rd place in trunk circumference from among all kinds of trees across the country. (Gajumaru is, however, not included in the ranking due to the particular shape of its trunk.) As a symbol of the community, this tree pleases not only community residents but visitors with its size and shape.

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号048
認定年度平成16年度
樹種ガジュマル
樹高10.3m
幹周23.5m
推定樹齢250年
所在地八重瀬町字世名城590
緯度・経度26.1413307_127.716343
所有者新垣 真安
その他■町指定天然記念物■
「世名城のガジュマル」平成4年4月2日指定