辺戸の蔡温松

辺戸の蔡温松

この一帯は「辺戸蔡温松並木保全公園」 として散策路が整備されている

 蔡温(1682~1761)は、三司官(今でいう大臣で3人制)を25年も勤め、薩摩侵攻により疲弊した琉球において農業技術の改良や、植林を奨励して改革を押し進め、農林漁業に多くの業績を残した人物である。
 現在、辺戸地区で蔡温松と呼ばれている松群落は、その頃に植栽されたと思われ、樹齢300年という説や、現存するものは2世から3世で樹齢150年という説もある。
 当群落は、樹高19mのものを筆頭に15本、辺戸集落の東から北側に位置する道路沿いに生育し、地域のシンボルとして村民から愛さ れ、健全に保護されている。
 周囲には散策路や展望台も整備されている。

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号053
認定年度平成17年度
樹種リュウキュウマツ
樹高19m
幹周4m
推定樹齢150~300年
所在地国頭村字辺戸
緯度・経度26.8557230_128.262226
所有者国頭村
その他