トックリキワタ天野株

トックリキワタ天野株

トックリキワタ天野株は、沖縄県緑化推進委員会元理事長の故天野鉄夫氏が昭和39年10月3日にボリビアから持ち帰り、種から育てたもので、沖縄のトックリキワタのルーツと言われている。11月の花期にはピンク色の花をいっぱいに咲かせる。所有者の住宅建て替えに伴い、おもろまち駅前に移植された。トックリキワタは、「南米桜」として多くの人々に親しまれており、特にこの「天野株」はトックリキワタの導入樹木として大変貴重と判断され、大切に保護したい樹木である。

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号094
認定年度平成19年度
樹種トックリキワタ
樹高5.5m
幹周2.4m
推定樹齢43年
所在地那覇市おもろまち4-1
緯度・経度26.2241044_127.698028
所有者那覇市
その他