ビンギ

ビンギ

この樹は、去った大戦で砲弾の破片が無数に突き刺さったものの、樹の所有者や地域の住民が大切に守ってきたことで、今でも真っ直ぐ幹を伸ばし、多数の枝条を上へ横へ展開し、力強く立っている。  地元では、「ビンギ小(グワァ)」と呼ばれ親しまれている。 また、平成4年には玉城村(当時)の老樹・巨木に認定されている。

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号016
認定年度平成14年度
樹種クワノハエノキ
樹高10m
幹周3.3m
推定樹齢200年(推定)
所在地南城市玉城字百名1073
緯度・経度26.1392335_127.7876899
所有者新垣八重子
その他◆まわりを木や花に囲まれる中で、ひときわ大きなクワノハエノキが生育している。

◆大きく太い幹で四方八方に広がった枝葉を支えている。