土原拝所のあかぎ ( Ntaharu Ugan no Akagi/Bishop Wood at Ntaharu Ugan)

土原拝所のあかぎ ( Ntaharu Ugan no Akagi/Bishop Wood at Ntaharu Ugan)

当樹木は多良間島の八月踊りの祭場にあり、300年にわたり島の伝統文化・芸能を見守っている。八月踊りは旧暦の8月に催され、起源は明らかになっていないが、「8月お願」、「皆納祝い」と称されることから、かなり古い歴史があると考えられている。1600年代に宮古、八重山に実施された納税制度によって苦しみを味わった人々は、旧暦の7月までに皆納し、旧暦8月には「8月お願」と称して納税の報告をし、さらに豊年を祈念することを年中行事とした。神前で奉納踊りをし、住民が共に喜び、納税の苦しみを慰めあったものと思われる。

 

For 300 years, this tree has watched over traditional culture and performing arts at the ceremonial site where “Hachigatsu Odori/August Dance” is held on Tarama Island. Tarama Island’s August Dance is held in August of the old lunar calendar and its origin is not known. However, August Dance is considered to have a fairly long history, as it was referred to as “August Prayer” or “Celebration for the Completion of the Year’s Tax Payments.” In the 1600s, the people suffered under the tax payment system in Miyako and Yaemaya. After they finished their tax payments in July of the old calendar, they reported the completion of those payments and prayed for the next year’s rich harvest at an annual event called “August Prayer.” In this event it is said they celebrated payment completion, comforted each other’s suffering due to payments and performed a dedicatory dance before God.

地図をクリックすると、その地点を出発地点としてのルートマップが表示されます

認定番号081
認定年度平成18年度
樹種アカギ
樹高12m
幹周3.6m
推定樹齢300年
所在地多良間村字仲筋
緯度・経度24.6704923_124.699013
所有者仲筋字会
その他■県指定天然記念物■
「多良間島の土原御嶽の植物群落」
昭和49年12月26日指定